hue and cry

インディー・レーベル「hue」と「lirico」をめぐるいろんなことをつづるブログ

egil olsenニュー・アルバム『ooo what happened』

ノルウェーのシンガー・ソングライター、エギル・オルセンのニュー・アルバム『ooo what happened』がついに届けられました。

*詳細はこちらをご覧ください:http://www.inpartmaint.com/site/12347/

2013年11月の来日ツアーのときは翌年の春までには完成すると言っていたのですが、結局それから1年も経ってしまいました。新たに建てた自分のレコーディング・スタジオにてレコーディング。音楽的にはこれまでの3枚のアルバムからは少し変化があり、その持ち前の美しい歌声は健在ですが、彼のコレクションのシンセサイザーを多用することで浮遊感と不思議なメランコリアが支配する作品となっています。

来日ツアーでも披露したシングル「Find A Way」は希望を示唆する内容を歌っていたので、新しいアルバムはそんなモードになるのかなという予感がありましたが、蓋を開けてみると全体的に内省的でメランコリックな雰囲気です。

そもそもタイトルからして「ぼくの人生になにがあったのか?」という意味深なもの。サウンドだけでなく歌詞からもところどころ「迷い」のようなものを感じさせます。来日のとき、すきあらばおもしろいことを言おうとしていたあの天真爛漫なエギちゃんからは意外ですが、なんとなく想像はつきます。確認したわけではないですが、制作中に起きたオルセン夫人の妊娠というできごとが影響しているのかな、と(出産は2014年12月)。

「なんとか踏ん張って、なんとかあきらめないでいるんだ
ぼくはなんとか進みつづけるよ」(「tryin」)

音楽で生計を立てるプロフェッショナルなシンガー・ソングライターである彼の迷いと葛藤を反映したようなこのアルバムはとてもパーソナルですが、このタイミングでこのフラジャイルな作品は生まれないといけなかったのでしょう。シンガー・ソングライターとして生きていくこと。もしかしたらエギル・オルセンは他のLiricoのアーティストの誰よりも自覚的なのかもしれませんね。

ボーナストラックとして、アルバム未収録曲と、2013年の来日ツアーのライヴ音源のダウンロード・コードがつきます。こちらもとてもすばらしい内容ですよ!

Radical Face Japan Tour 2015ツアー後記

 
(バレンタイン・デイ、旧グッゲンハイム邸の庭にて)
 

ラディカル・フェイスのツアーがおわって、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。今回は書くのはやめようとおもっていましたが、何年か経ってから懐かしめるときが来るかもしれないので、ツアーのことを短めに書き残しておきます。

時をさかのぼること昨年の6月、タマス・ウェルズのツアーがはじまる数週間前のこと、ほんとうにいろんなことが起こって、「これを最後のツアーにしよう!」と考えたちょうどそのとき、(年に数回しかメールをよこさない)ベン・クーパーからメールが届きました。「また日本に行きたい」と。ぼくは「なんでよりによってこんなときに。。。」と泣きそうになりながら返事をしました。「さいこうだね。いつがいい?」と。

だから今回のツアーのはじまりはあの6月なのです。ぼくのなかではつながっていました。光明寺をブッキングしたのもそういう理由からです。

ベン・クーパーとジョシュ・リー。あのアコースティック・ギターとヴィオラ・ダ・ガンバの編成はとてもスペシャルなものでした。はじまりのメールのあと、ふたりは今回のツアーのために、新たに曲をアレンジし直し、ツアー前の数ヶ月は毎日、朝と夜2時間ずつふたりで練習を重ねたといいます。

3年前、2012年のラディカル・フェイスのツアー。驚きをもって受け止められたジェレマイアとジャックとのバンド編成の高揚感はなにものにも代えがたかったとおもいますが、今回のアコースティック編成のほうがよりラディカル・フェイスの音楽の核心に近づくことができるものだったのは間違いありません。

元々、彼らのバンドセットは海外のタフなライヴ環境においての虚勢というか対抗策だったみたいですし、「Welcome Home」でいっしょに歌って騒ぎたいだけの客がいない日本のライヴ会場の環境がいかに恵まれているのか、彼らだけでなくぼくがこれまで担当したすべての来日アーティストが認めるものです。

ベンとジョシュが出会ったのは3年前の来日ツアーがおわった直後だそうです。今回のツアーでベンが随分たのしそうにしていたようにみえたのは、ジョシュの存在のおかげでしょう。最良のパートナーを得たベンのポジティヴな変化をそばで感じられた分、ツアー全体を通してぼくは感情的に満たされていました。

(2/15 at Nui./ photo by Ryo Mitamura)

ふたりの演奏はアンサンブルということば以上に、強い絆と信頼関係を感じさせました。ヴィオラ・ダ・ガンバはヴィオラではなく、チェロ+ギターみたいな楽器だとジョシュは説明してくれましたが、より低音をカヴァーできるあの楽器のおかげで、ベンはエレキギターのディストーションは必要ないんだと言っていました。ジョシュとふたりで演奏するのはすきだよ、とも。

「演奏がむずかしいから嫌い」とかMCで言ってた「Summer Skeletons」はぼくのリクエストでしたが、初日の光明寺ではじめてみたとき、ほんとうにつらそうで、ベンに申し訳なくおもいました。「リクエストしてごめんね、でもみんなぼくがリクエストしたことに感謝するとおもうよ」なんて軽口を伝えましたが、あの原曲においてベンがヴィオラ・ダ・ガンバを必要とした理由がなんとなくわかってうれしくなりました。それは「The Crooked Kind」も同様です。

そして、「We All Go the Same」。こちらもぼくのリクエスト。初日は時間が足らず、2日目からの演奏でしたが、ヴィオラ・ダ・ガンバとヴォーカルのみの歌い出しからいきなり鳥肌がたつ美しさ。「死ぬことについての歌だよ」とベンは毎回のように説明していましたが、いつだったか、「ぼくの曲はぜんぶ死んだひとについての歌だよ」って言っていたのも印象的です。

どの公演がいいとか悪いとか、いろんな環境がちがうので比較するものでもないですが、ぼくも、ベンもジョシュも満場一致で福岡公演と神戸公演がお気に入りでした。福岡公演の会場のパッパライライと、神戸公演の会場の旧グッゲンハイム邸の親密な雰囲気が、彼らが練習を重ねたじぶんの家のリビング・ルームと似ていたからふたりともリラックスできたみたいでした。特に福岡では、「The Moon Is Down」を3回も間違えたり、ミスだらけだったにも関わらず、奇跡的な夜だったと思います(タマス・ウェルズの2010年のsonoriumの夜をおもいだしました)。ライヴ全体のすばらしさは、演奏のクオリティだけではなく、会場の雰囲気やそこに充満する感情を含めてこそだということの証明でした。

SNSでもなんでも、ツアー中あったアーティストに対する反応がツアーがおわったら消えてなくなってしまうのが毎回ほんとうにいやで。もうみんなラディカル・フェイスのこととか忘れちゃったんだろうな、とかふとした瞬間におもうじぶんの厄介さもいやですが、そうした喪失感もツアーの醍醐味です。ベンとジョシュとともに過ごした3週間もの忘れがたい時間と、彼らが奏でた美しい音楽と、彼らが残した強烈な余韻とともにこれからの数年を生きていこうとおもいます。またいつか会えると信じて。

先に書いたとおり、Liricoとして、このようにツアーを行うのは今回が最後だとおもいます。でも、またどこかでお会いできたらと。

最後になりましたが、miaouのまゆみさん、ひろみさん、浜崎さん、aoiiちゃんと野口くん、Fly sound福岡さん、光明寺の住職さん、folklore forest大石さん、hello good music今村さん、Polar Mさん、spazio rita猫町さん、night cruising島田さん、Len/Nui.宮嶌さん、Republik河崎さん、papparayray山西さん、旧グッゲンハイム邸の森本さんと佐々木さん、加藤りまさん、三田村さん、吉村さん、その他関係者のみなさん、そしてすべてのお客様に厚くお礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

そして、ごめんなさい。

(ラディカル・フェイス『The Family Tree: The Branches』のCDの最初のページに書かれた「I’m sorry for everything」ということばのように)

つづきを読む »

春のLiricoまつり!

 

3月・4月発売のLiricoの新譜3タイトル(エギル・オルセン、ザ・レジャー・ソサエティ、ピーター・ブロデリックのニュー・アルバム!)をLiricoウェブサイトでご購入いただいた方には、タマス・ウェルズ(2014年6月)、ラディカル・フェイス(2015年2月)、ガレス・ディクソン(2013年11月)の貴重な来日ライヴ音源をプレゼント!!

対象商品:
1. egil olsen『ooo what happened』(AMIP-0060/3月26日発売)
*詳細:http://www.inpartmaint.com/site/12347/
2. The Leisure Society『The Fine Art of Hanging On』(AMIP-0061/4月13日発売)
*詳細:http://www.inpartmaint.com/?p=12429
3. Peter Broderick『Colours of the Night』(LIIP-1521/4月26日発売)
*詳細:http://www.inpartmaint.com/?p=12571

※特典の対象は上記3点すべてお買い上げのお客様に限ります。
※特典の送付はPeter Broderick『Colours of the Night』発送のタイミングとなります(4/24ごろから発送開始)。

※キャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

Radical Faceジャパンツアー経過報告


(撮影:吉村健)

2/7からスタートしたラディカル・フェイスの来日ツアー。2日間のオフをはさみ、あしたの名古屋公演から再開します。ここからは5日連続。なんとかみんなでがんばります。

これまでヨーロッパやアメリカでは2000人くらいのキャパの会場でライヴを行ってきたものの、居心地の悪さを常に感じていたとのこと。「ぼくの音楽は大きな会場には合わない」と言っていました。今回はじめての試みとなるヴィオラ・ダ・ガンバとアコースティック・ギターのデュオ編成の演奏、そしてこの編成のために改めてアレンジし直されたラディカル・フェイスの楽曲群を実際に聴いてみると、今回の会場選びは間違いではなかったな、と手応えを感じています。


Radical Face – Along the Road (live in Hamamatsu, Japan)

iPhoneで撮った画質も音質もよくない映像ですが、浜松公演の映像をアップしてみました。もちろん実際の演奏はこれよりずっとすばらしいのですが、参考にはなるかと。

とても静かで美しい演奏です。
残り5公演、どこかで会えたらうれしいです。

ツアー詳細:http://www.inpartmaint.com/site/11473/

Radical Faceのストーリーテリングについて少し

来日直前ということで、今回はラディカル・フェイスの音楽の肝でもあるストーリーテリングへのこだわりについて少し書いておこうとおもいます。

もともと作家であるベン・クーパーにとって、ラディカル・フェイスというプロジェクトとは、じぶんの頭のなかの世界=ストーリーをレコードというメディアを媒介して伝えることだと公言しています。

リスナーが気づくか気づかないかは気にせず、こまかなアイデアを作品にたくさん詰め込んでいて、だからこそ彼のファンは時に深読みしすぎなほど、ラディカル・フェイスの音楽について分析をおこなっています。

「The Family Tree」シリーズは『Ghost』をリリースした2007年から取り組んでいて、すでに8年が経過しましたが、いまだ完結していません。8年間、ひとつの作品について熱意を注ぎつづけるあたり、普通ではありません(ことし完結予定らしいですが!)。

さて、ここでは彼のストーリーテリングについて、今回のライヴで演奏する可能性が高そうな曲を例にあげてみます(いずれもベン自身の発言を参照にしています)。

「Family Portrait」

「The Moon Is Down」

「The Mute」
 
 

「The Family Tree」シリーズの時系列でもっとも古いのが1作目の『The Roots』収録の「Family Portrait」です。この曲のナレーターである青年を産むのと引換に母は亡くなり、父は酒に溺れ、その6年後に自殺するという内容。青年は姉とふたりで生きていきます。
 
 

それから何年後かは定かではありませんが、この曲は「Family Portrait」の姉にひそかにおもいを寄せつづける隣人の視点で歌われています(個人的にはこの曲のさいごの「but it’s good enough for me」というリリックのせつなさがだいすきです)。
 
 

時は流れ、2作目『The Branches』の「The Mute」は”頭のなかのゴーストとだけ語り合う口の利けないこども”の視点の歌。この口のきけないこどもの父親が実は「The Moon Is Down」の隣人とのこと。こども視点では「父さんはぼくのことを背負わなければいけない十字架とみなしていた」と歌われていますが、ここでは明かされることのない父視点においては、「The Moon Is Down」の彼は「The Family Tree」の姉に対しての気持ちを結局伝えることができなかったことで、じぶんのこどもがしゃべれなくなったに違いないという後悔を抱いています。

いかがでしょうか?彼が書くリリックの裏側には膨大な情報が潜んでいます。ぼくは詩の翻訳に正解はないと考えていますが、リリックだけでラディカル・フェイスの世界の全貌をつかむことは到底不可能なのです。

音楽の聴き方は自由だとおもいますが、こういった裏情報を頭に入れたうえでラディカル・フェイスの音楽を聴くときっと新たな発見があるかもしれません。

個人的には「Summer Skeletons」の主人公は「Severus and Stone」の兄弟だとおもっているのですが!(ちなみにSeverusとStoneは「Family Portrait」の姉の息子たち)