hue and cry

インディー・レーベル「hue」と「lirico」をめぐるいろんなことをつづるブログ

We Are The Willows『Picture (Portrait) 』〜亡き祖父母が交わした350通の手紙〜

we are the willows

ミネアポリスのインディー・ロック・バンドWe Are The Willowsのニュー・アルバム『Picture (Portrait) 』。アルバムとしては2009年の『A Collection Of Sounds And Something Like The Plague』以来、5年ぶりとなる作品。当時はシンガー・ソングライターPeter Millerのソロ・プロジェクトでしたが、その後メンバーが増えて、現在は6人編成です。

we are the willows

このバンドの特徴はなんと言ってもPeter Miller(写真いちばん左)の(見た目に似合わぬ)美しい歌声。中性的美声男性ヴォーカルを多数擁するLiricoも太鼓判を押すその歌声は、少年のような、少女のようなフラジャイルさをたたえています。

本作『Picture (Portrait) 』はPeterの祖父母が第2次世界大戦時にやりとりした350通の手紙からインスパイアされたとのこと。1942年にふたりは出会ったものの、祖父は大西洋に派遣。その後、お互いによく知らないまま4年にわたって手紙が育んだ愛...とてもロマンティックでエモーショナルな傑作です。

Bandcampでダウンロード販売中:https://wearethewillows.bandcamp.com/

【速報】Radical Face Japan Tour 2015 開催決定!

radical face

ウェルカム・ホーム!
ラディカル・フェイスが3年ぶりに日本にもどってきます!!

あの感動ふたたび。ともに歌い、ともに泣き、ともに笑いましょう。
詳細は後日のご案内となりますが、まずは日程だけお知らせいたします。
お楽しみに!

Radical Face Japan Tour 2015

2/7(土) 東京
2/8(日) 浜松
2/11(祝)名古屋
2/12(木)京都
2/13(金)福岡
2/14(土)神戸
2/15(日)東京

Radical FaceニューEP『The Bastards volume 3』フリーダウンロード・スタート

bastards vol.3

今週末からはじまるラディカル・フェイスのヨーロッパ・ツアーにあわせて、3曲入りのニューEP『The Bastards volume 3』がリリースされました。例によってフリーダウンロード・リリース。

こちらでフリーダウンロードできます。
http://noisetrade.com/radicalface/the-bastards-volume-three

「The Family Tree」三部作の最終章『The Relatives』の先行EPという位置づけですが、かといってそれがまもなくリリース予定とかというとそうでもなくて、アルバムは早くてきっと来年中のリリースでしょう。ものごとはいつだって期待通りには進まないことは、ラディカル・フェイスを10年近く追ってきた方なら理解してくださっていることでしょう。

でも、このEPはある意味では『The Relatives』のサウンドを指し示しているとのこと。「ごめんね、これ聴いてもうちょっと待ってて」ってことでしょうが、余計に待ちきれなくなるって!

『The Family Tree: The Branches』好評発売中!

Liricoニュー・リリース:Imaginary Future『Fire Escape』

先日お伝えしましたが、11/16にアメリカ人シンガーソングライター、イマジナリー・フューチャーことジェシー・エプスタインのデビュー・アルバム『Fire Escape』をリリースいたします。

*詳細はこちらをご覧ください:http://www.inpartmaint.com/site/10924/

日系のシンガーソングライター、キナ・グラニスの公私にわたるパートナーで、本作はキナのワールドツアーに参加した2年間に書いたものだとか。彼女はつい先日ビルボード東京と大阪で来日公演を行っており、もちろんジェシーも帯同しました。

キナがすばらしいシンガーソングライターであることは世間の評価が証明していますが、ジェシーもまた才能あふれるシンガーソングライターであるのにも関わらず、日本はもちろんアメリカでも無名であることは信じがたいです。

キナ・グラニスの「My Dear」のミュージック・ヴィデオは、ふたりの結婚式の模様を編集したとてもすてきな内容でしたが、こんなにもしあわせそうな男が、こんなにも切ない歌を歌えることには驚いてしまいます。

ジェシーのパーソナリティについてぼくはまだ詳しくは知りませんが、しあわせに満ちあふれるひとには魔法のようなメロディーは書けない、というのがぼくの持論でした。タマス・ウェルズしかり、ラディカル・フェイスしかり、スコット・マシューしかり、彼らはみな重いものを背負っていて、なにかの犠牲と引換に、あの美しい歌を歌っているのだと思っています。

でも、イマジナリー・フューチャーを聴いていると、そんな持論は揺らぎつつあります。

「April」はぼくが最初に聴いたイマジナリー・フューチャーの曲で、このミュージック・ヴィデオを観たあとすぐにぼくは彼にリリースのオファーを送りました。ソルト・ケースとペッパー・ケースの視点で描かれる愛と別れ。ここ数年でもっとも心揺り動かされるヴィデオと言ってもいいのではないでしょうか。ちなみに「エイプリル」というのは女の子の名前です。

一方こちらの「Nothing Alone」のミュージック・ヴィデオはコメディ・タッチ。相棒のチェンソーを捨ててしまったシリアルキラーが後悔の日々を送るという内容。「April」と同じ監督が撮ったものとは思えないくらい、観ていてにやにやさせられます。

お聴きのとおり、いずれもキナ・グラニスがバッキング・ヴォーカルを務めていますが、アルバムの全14曲(ボーナストラック3曲含む)のうち、12曲で彼女は歌っています。

キナのようにイマジナリー・フューチャーの音楽が大衆に受け入れられることは想像できませんが、それでもできるだけたくさんのひとに彼の繊細な歌を聴いてもらいたいです。「嫁の七光り」とか言われないためにも!(だれも言ってない)

Liricoウェブショップ、あるいは一部店舗でお買い上げのかたには特典として、アルバムリリース以前にリリースしていた6曲入り『Imaginary EP』のダウンロードカードがついてきます。一部、アルバムと収録曲がかぶっていますが、EPヴァージョンもまたすばらしい内容です(ぼくはEPヴァージョンのほうがすきかも)!

【速報】Lirico signs to Imaginary Future

Imaginary Future “Fire Escape” Japanese edition will be released in November via Lirico!

details to follow soon…

このたびLiricoはアメリカ人シンガーソングライターImaginary Futureと契約しました。彼の1stアルバム『Fire Escape』の国内盤を来月リリースします(オリジナル・リリースは2013年)。

彼の公私にわたるパートナーでもある、日系のシンガーソングライターKina Grannisが日本でもとても有名ですが、彼もまた才能あふれるシンガーソングライターであることは↑の「April」という曲が証明しているとおもいます。ミュージックヴィデオがとにかく切なすぎて美しいのです!!

詳細は今週中におしらせいたしますね。