hue and cry

Liricoニュー・リリース:Tamas Wells『The Plantation』

IMG_3788

Liricoの2017年最後のリリースは、レーベルの最重要アーティスト、タマス・ウェルズの6作目となる最新作です。
前作『On the Voalatility of the Mind』から3年半ぶりとなるアルバム。かなり無理のある制作進行スケジュールとなったのは、ちょうどいま行われている中国ツアーのスケジュールに合わせてミックス、マスタリング、アートワークが進行していたからで、Liricoとしてはいつだってタマス・ウェルズのアルバムを世界で最初にリリースしたい、というそんなある種のエゴからでしたが、結果的になんとか間に合いました。

LIIP-1530cover

2012年にミャンマーからオーストラリアに戻ったタマスにとって、このアルバムは2004年のデビュー作以来はじめてオーストラリアで書かれた曲だけで構成された作品となりました。前作はオーストラリアに戻ってはじめての作品だったものの、ミャンマーで書かれた曲が半分くらいを占めたとてもパーソナルなソロ・アルバムでしたが、本作では長年タマス・ウェルズを支えてきたバンドメンバーたちがほぼ全員(アンソニー・フランシス以外)参加しています。

*詳細はこちらをご覧ください:
http://www.inpartmaint.com/site/22249/

前作では封印していたピアノとアコースティック・ギターが再び戻ってきましたが、さらに今回ドラムとベースをはじめてちゃんとしたかたちで使用。よりライヴのフィーリングを作品にもたらしたかったとのことですが、2014年のバンドセットでの来日ツアーで聴かせてくれたバンド・サウンドを確かに想起させます。バンド編成なのに極めて静かで繊細な、タマス・ウェルズならではのあの演奏を実際に観たことがある方でしたら納得していただけるでしょう。真冬のオーストラリアで作られたのに、まるでそよ風が肌をくすぐるようなぬくもりと、これまでにはなかったときめきすら感じさせる、タマス・ウェルズ史上、もっともポップな作品。そんなタマス・ウェルズの新境地は「Please Emily」を試聴してご確認ください。

アルバムのラストトラックでタイトルトラックでもある「The Plantation」はこどもの頃、実家の近くにあるマツの造林地を駆け巡った遠い記憶をテーマにしていますが、本作に漂うノスタルジーの理由をアルバムの最後に知ることになります。ポップな曲が立ち並ぶこのアルバムのなかでもっとも静かで穏やかなこの名曲は、ライヴのラストでよく演奏される定番のフェアウェル・ソング「Grace And Seraphim」のような慈しみに満ちています。

40代となってはじめて作った作品は、20代のとき以来となるバンド作品となりました。また彼のうたが日本で聴ける日を夢見ています。

Liricoウェブ購入特典として、2014年の東京・光明寺でのライヴ音源とレーベルサンプラーのダウンロード・カードをお付けいたしますので、ぜひ!
(特典はアナウンスなしに終了する可能性がございます)

『Ending Music』セルフライナーノーツ

Processed with VSCO with b5 preset

「この世を去る60分前に聴く最後の音楽」
をコンセプトにしたコンピレーション・アルバム『Ending Music』。発売からすでに2週間ほどが経ちましたが、この作品の選曲者として、ディレクターとして、すこしだけ記したいとおもいます。

経営がうまくいっていない企業ならたぶん漏れなくなんらかの「企画」を考えさせられるとおもいます。この作品もそういうかんじで会社から求められて作ったものですが、構想自体は何年も前からありました。2014年に江戸川橋の水道ギャラリーで「うつくしいおんがく展」という企画をやらせてもらったことがあります。100枚のCDを展示し、そこには内容の説明はいっさい記載せずに、その作品を聴いて浮かんだことばを記しました。そのときガレス・ディクソンの『Collected Recordings』に記したことばが、たぶんこのコンピのはじまりです。そこにはこう書かれていました。「ぼくが死んだときは、これを聴いておもいだしてください。」


Gareth Dickson 「If I」。これがもともとのはじまり。

正直、実際に死ぬときに音楽を聴ける状況にはいないことは当然だとおもうので、このコンセプトに対して頭がおかしいとおもわれるかたもいらっしゃることでしょう。けど、死は人生のさいごに訪れるできごとであり、それはとても個人的で、とてもおだやかなものであってほしいというおもいから、それにふさわしいうつくしい音楽を集めました。今回はインストですが、もしかしたらいずれヴォーカルトラックでおなじ内容のコンピをつくることもあるかもしれません。当然、みずからの死の経験なんてないですし、死にちかづいた経験もほんのごくわずかなので、これはもうほんとうに個人的な作品ですが、コンセプトがじぶんの感性に合う合わないはともかく、とにかく安らかさと穏やかさを必要としているひとの60分間にとってたいせつな役割を果たしてもらえればいいと願っています。

ふつうディレクターとしてコンピをつくるときは、だれか別の選曲者がいて、楽曲の許諾など実務的なことしかタッチできません。だから、内容の企画から選曲、アートワークに至るまで100%じぶんの裁量でできるのはとてもたのしい作業でした。今回選んだ18曲は、いずれもこの10年間で関わりがあるレーベルやアーティストから借りています。条件が合わないために諦めた曲もなくはないですが、ほぼ満足のいく内容です。

ラストを飾るのはピーター・ブロデリックの「A Beginning」。このポジションはこのコンピを考えるまえからあらかじめ決まっていたと言えます。昨年の来日ツアーのファイナルのアンコールのいちばんさいごにこの曲を演奏されましたが、たぶんそのときからこの曲はこのポジションにふさわしいと思い描いていました。「この世を去る60分前に聴く最後の音楽」ですが、このコンピは実際は61分ちょっとあります。つまり、「A Beginning」の途中でこの世を去る、というイメージです。ささいなことですが。

アートワークは生平桜子さんのドローイングをお借りしました。Liricoの白鳥ロゴは鳴かない白鳥が死をまえにしてうつくにしい歌をうたうという「スワンソング」の言い伝えからきていますが、そのイメージに彼女のドローイングはとてもフィットしました。パッケージの出来上がりもうつくしいものに仕上がっているので、ぜひ手にとっていただけたらうれしいです。

なお、ウェブショップの購入特典として、Liricoのカタログのヴォーカルトラックから同コンセプトで選んだコンピ『swan songs』のCD-Rをプレゼントしています。

詳細:http://www.inpartmaint.com/site/20902/

Liricoニュー・リリース:Tom Adams『Silence』
〜たった3分で人生はかわる〜

tom_silence

Liricoの2017年3作目のリリースは、ベルリン在住のイギリス人シンガー・ソングライター/作曲家トム・アダムスのデビュー・アルバム『Silence』です。実は2016年のデビューEP『Voyages By Starlight』のときから追いかけていたのですが、このデビュー・アルバムはまさに宝物のような作品になりました。ほんとうに美しいファルセット・ヴォイスはタマス・ウェルズやエギル・オルセンとかよりもずっとソウルフルですが、同様のスペシャルさをもっているとおもいます。

LIIP-1528cover_small

*詳細はこちらをご覧ください:
http://www.inpartmaint.com/site/20269/

いまはまだ20代なかば〜後半くらいですが、元々はアンビエントやポスト・ロックを作っていた彼が真剣に歌に取り組むようになったのはほんの数年前のこと。そんな彼のターニングポイントは2014年の初夏にはじめて訪れたベルリンに着いたその夜、ニルス・フラームのコンサートでの出来事でした。その日は彼が企画してつくられた世界でひとつの手作りアップライトピアノUna Cordaのお披露目演奏会。ニルスはオーディエンスをステージに招いて演奏させるということをよくやるのですが(かつて東京でのタワーレコード・インストア・ライヴでもそうしていました)、そこで志願したのがイギリスからの旅行者トム・アダムスでした。トムはそこで本作の最後に収録された「Time」を演奏します。マイクスタンドがなかったのでニルス自らがマイクスタンド役を務めました。スケートボードを抱えたTシャツ短パンのカーリーヘアの名もなき青年が突然、世にも美しいファルセット・ヴォイスで歌いはじめたところを想像してみてください。300人のオーディエンスは驚嘆しました。マイクを手にしていたニルスも思わずピアノを連弾しはじめます。演奏終了後、おおきな歓声に包まれるトム。バッグいっぱいに持っていた自主制作のCDは売れに売れたといいます。ニルス・フラームのマネージャーはいまではトム・アダムスのマネージャーでもあります。その演奏をきっかけにレーベルと音楽出版社が決まり、トムは故郷のケンブリッジの田舎町からベルリンへと移住します。「スーザン・ボイル的」と誰かは書いていました。音楽の魔法。たった3分間の演奏でトム・アダムスの人生はおおきくかわりました。

歌への関心を少しずつ強めていっていた彼が、ピアノとエレクトロニクスに歌を絡み合わせた現在の音楽性を手に入れたきっかけは、2015年にア・ウイングド・ヴィクトリー・フォー・ザ・サルンのサポートアクトに抜擢されたことでした。当時、ライヴではピアノを使用せずギターのみのセットだったようですが、このシフトチェンジは英断だったのではないでしょうか。「Come On, Dreamer」「Sparks」「Time」と先行シングルとして公開された3曲はいずれもものすごい名曲。ちかくにニルス・フラームというロールモデルがいること、そして彼の静寂の歌のポテンシャルをおもえば、トム・アダムスの逆シンデレラ・ストーリーはたぶんまだはじまったばかりなのだとおもいます。

Liricoニュー・リリース:Kim Janssen『Cousins』
〜アジア育ちの美しきシンガー・ソングライター〜

sleeve

4/9、Liricoよりオランダ人シンガー・ソングライター、キム・ヤンセンの5年ぶりのニュー・アルバム『Cousins』をリリースします。

2歳のときに両親のしごとの都合で東南アジアに移住。その後、タイのバンコク、カンボジアのプノンペン、ネパールのカトマンズを転々とし、16歳にオランダに戻ったという変わった経歴。デビュー・アルバムは2009年のリリースですが、作ったのは18歳のときという早熟な才能。そのデビュー作『The Truth Is, I Am Always Responsible』はとても枯れていて最初から成熟していたかのようなシンガー・ソングライターです。ザ・ブラック・アトランティックというインディー・フォーク・バンドに参加していた時期もありました。

2012年の2nd『Ancient Crime』は静かで荘厳で美しい名作。ぼくがキム・ヤンセンの音楽に出会ったのはそれよりもずっと後でしたが、東南アジア育ちというバックグラウンドを持つ美声シンガー・ソングライターということでタマス・ウェルズとの共通点を感じ取ってシンパシーを感じていました。次のアルバムが出るときはリリースしたいな、と。

そして、ようやく3rdアルバム『Cousins』が届き、縁あってリリースすることになりました。

*詳細はこちらをご覧ください:
http://www.inpartmaint.com/site/19683/

先行シングルでもある1曲目「Dynasty」を聴いて吹き飛ばされました。そのあまりのアンセムっぷりに驚かされましたが、アルバム全体がこれまでのアコースティック・フォーク路線からインディー・ポップへと大きく舵を切った作品です。1stからすでに成熟していましたが、それから10年近く経ってむしろ若返ったようなサウンド。どうやら前作を作ったあとから次はもっとエレクトロニックなものにしたかったようです。

前作『Ancient Crime』は11歳から15歳までのあいだネパールのカトマンズの英国寄宿学校で過ごした生活と記憶にインスパイアされたものでしたが、この作品はそれよりも前、バンコク時代の幼き日々の記憶を辿るようなスピリチュアル・ジャーニーです。おそらくLiricoの作品群を好んで聴いていただいている方々には前作以前の作風のほうがフィットしそうだとおもいますので、ぜひこの作品をきっかけにキム・ヤンセンのすてきな音楽を深くたどっていただけたら幸いです。ちなみにアートワークには東京の街の写真が使用されています。本人はまだ日本には来たことがないようですが、親日家とのこと。

Radical FaceニューEP『SunnMoonnEclippse』

SunnMoonnEclippse

昨年11月にシングル「Sunn」が発表されてからこのときを待っていました。
ラディカル・フェイスの『The Family Tree』三部作以降はじめてとなる新作『SunnMoonnEclippse』がついに届きました!リリースはベンの自主レーベルBear Machineから。
「Sunn」「Moonn」「Eclippse」という3曲入りのEPですが、ふつうのEPとはちがってラディカル・フェイスらしいコンセプト作品になっています。

Facebookに書かれたベンの説明によると、この作品は「観られる」ために作られた作品で、ミュージック・ヴィデオの新たな可能性を感じさせてくれます。

ラディカル・フェイスのプロモフォトや『the Family Tree』シリーズのデザインも手がけるデザイナーGordon McBrydeが映像を担当していますが、『SunnMoonnEclippse』はベンとゴードンによる共同作品とも言える作品になりました。通常、ミュージック・ヴィデオはまず音楽があって、それに合わせて映像を作るというのが通常の作業だとおもいます。そのプロセスは完全に別々のものだと言えますが、『SunnMoonnEclippse』に関しては、音楽と映像が同時進行で制作されており、隣合わせの制作はお互いに影響を与え合ったものだそうです。

もちろん音楽のみでも成り立つ作品ですが、ベンの意図を感じるためにまずはいちど『SunnMoonnEclippse』特設サイトにアクセスしていただきたいです。

http://sunnmoonneclippse.com

「Sunn」「Moonn」「Eclippse」はそれぞれつながり、そしてループするように作られています。なので、このウェブサイトでは映像をオン・オフしたりスキップしたりするスイッチはありません。またベンの友人のLaura Bearlがセンスあるリリックパートを担当していますが、リリックをオン・オフすることは可能です。
(ブラウザによっては映像が途切れることがあるかも)

音楽的には自己制約だらけだった『The Family Tree』シリーズとは違い、いまベンがやりたいことをやっているというかんじ。いろんな意味で音楽に楽しみを取り戻すためのプロセスといった雰囲気を感じます。個人的には「Eclippse」の終盤がさいこうです。

8年をかけた『The Family Tree』シリーズのおかげで、アルバム・フォーマットには興味が薄れている時期のようで、ことしはより短いフォーマットで作品を作っていくようです。すでに別の2タイトルのEPを制作中で、ことし中に届けてくれることでしょう。