Lafawndah - The Fifth Season_Artwork by Marguerite Humeau

LAFAWNDAH
“The Fifth Season”

欧米の最先端ビートシーンに降り立ったニューエイジ界のミューズによる、新世代UKジャズシーンとの邂逅。

IPM-8131

KI-028_KOFU_MEITEI_COVER_V4_1000pix : 72dpi

冥丁
“古風”

国内外のエレクトロニック〜アンビエントシーンで注目を浴びる冥丁が待望の3rdアルバムをリリース! 前二作『怪談』『小町』続く「LOST JAPANESE MOOD」三部作の最終章。

AMIP-0221

DDIP-3072 Cover

渡邊琢磨 / Akira Rabelais / Félicia Atkinson
“『まだここにいる』original soundtrack recomposed”

DDIP-3072

SN-05ABブツ撮り

Sakanoshita Norimasa
“Tram”

柔らかに、軽やかに、ゆったりと流れる時間と音楽。ギタリスト坂ノ下典正による、ジャズ/クラシック/ボサノヴァなど多彩な音楽的要素を汲み込んだ、安らぎの調べ。

SN-05

IPM8123

Błoto
“Erozje”

研ぎ澄まされた、怒り。ポストパンクの残響にスラム・ヴィレッジやセロニアス・モンクが木霊する。ポーランド産 新世代ジャズ集団 EABSの別働隊による衝撃の1st。

IPM-8123

IPM-8122_cover_ 線あり

V.A.
“続・幻の湖 – LAKE OF ILLUSIONS VOL.2″

サイケデリック/ポップ/チル/メロウ/フレッシュをキーワードに独自の視点で音楽をセレクトする『幻の湖』コンピ第2弾!”水”をテーマに第六感を刺激するチルアウト・ミュージックを提示します。

IPM-8122

Composite

coconoe
“或る日のhalo”

歌もの・エレクトロニカ・ポストクラシカル、それぞれが別ジャンルのソロアーティストとしてデビューし活躍してきた3人、高山奈帆子・北航平・ミムラシンゴが『coconoe(ココノエ)』を結成

NEUF901

news_temp

Visible Cloaks来日公演(6/5〜6/8)

ビジブル・クロークス待望の再来日が決定

AMIP-166_jacket_web

VISIBLE CLOAKS, YOSHIO OJIMA & SATSUKI SHIBANO
“FRKWYS Vol.15: serenitatem “

夢のコラボレーション作が完成!

AMIP-0166

news_temp

masayoshi fujita Japan Tour 2018 (11/2〜11/4)

ドイツのベルリンで活動するヴィブラフォン奏者Masayoshi Fujita。今年リリースの最新作『ブック・オブ・ライフ』リリース後の日本ツアーが決定しました。