レトロ・ヴィンテージ・ミュージックの真打ちニック・ウォーターハウスの3年ぶりのフルアルバムが完成!マイケル・キワヌカ、デヴェンドラ・バンハートを手がけるポール・バトラーをプロデューサーに迎えた渾身のアルバム!

カリフォルニアのロングビーチ近くの街に生まれたニック・ウォーターハウスは、熱心なレコードコレクターとしても知られる彼はサンフランシスコのレコードショップで働くかたわら音源制作を開始。Time’s All Gone(2012)、Holly(2014)、Never Twice(2016)をリリース。2017年にリリースしたシングルでOfenbachとコラボした”Katchi (Ofenbach vs. Nick Waterhouse)は全世界で150万回以上再生フランスのiTunesチャート1位に輝きました。これまでに日本でも来日公演を成功させていいます。
 
3年ぶりの待望の4枚目のアルバム「Nick Waterhouse」はLAのElectro Vox Recordersにて録音。持ち味のひとつである往年のソウルミュージック、サーフ・ロック、オールディーズ、リズム・アンド・ブルースのムードたっぷりで疾走感溢れるグルーブは季節にもぴったりの良盤です。
 
アレン・ストーン、リオン・ブリッジズ、メイヤー・ホーソーン、リオン・ブリッジズ、チャールズ・ブラッドリー、ヴァン・モリソンのファンにオススメ出来る一押しアーティスト。損はさせません。
 

【トラックリスト】
1. By Heart
2. Song For Winners
3. I Feel An Urge Coming On
4. Undedicated
5. Black Glass
6. Wreck The Rod
7. Which Was Writ
8. Man Leaves Town
9. Thought & Act
10. El Viv
11. Wherever She Goes (She Is Wanted)
 


【Nick Waterhouse – “Song For Winners” (Official Stream)】