sleeve

bar buenos aires – Otoño

世界の繊細な音楽を紹介するbar buenos airesのコンピレーション通算9作目。巡りゆく季節をテーマにした連作の第3章”秋編”は、「秋の夜更けのピアノ」がテーマ。

RCIP-0325

RCIP0324_Cover_WEB

Clara Presta
“PájarA”

アルゼンチンの女性シンガー・ソングライター/ピアニスト、クララ・プレスタによる、本年屈指の傑作が日本盤限定曲を収録してフィジカル・リリース!

RCIP-0324

sleeve

Yotam Silberstein & Carlos Aguirre
“En el jardín”

カルロス・アギーレとヨタム・シルバースタイン。慈しみ合うような音色で交わされる両者の対話を収めた、まろやかな響きに包まれたデュオ・アルバム。

RCIP-0316

SN-05ABブツ撮り

Sakanoshita Norimasa
“Tram”

柔らかに、軽やかに、ゆったりと流れる時間と音楽。ギタリスト坂ノ下典正による、ジャズ/クラシック/ボサノヴァなど多彩な音楽的要素を汲み込んだ、安らぎの調べ。

SN-05

RCIP-0301_h1

Daniele di Bonaventura
“Romanze senza parole”

言葉がないからこそ、旋律はさらに甘美な余韻をまとい、深い情感を伝えてくれる。ダニエーレ・ディ・ボナヴェントゥラのピアノ・ソロ・アルバム。

RCIP-0301

Tapa.cdr

Sebastián Macchi Trío
“Aguasílabas”

今もっとも注目すべきアーティスト、セバスティアン・マッキが、カルロス・アギーレとゴンサロ・ディアスと結成したトリオで作り上げた、2019年屈指の好アルバム。

RCIP-0294

アイキャッチ

Sebastian Macchi Trio
Carlos Aguirre
Japan Tour 2019

あの『ルス・デ・アグア』 の中心人物セバスティアン・マッキが、カルロス・アギーレとともにトリオとして待望の初来日!(ツアー期間:10月19日〜10月26日)

TAPA ori.cdr

Carlos Aguirre
“La musica del agua”

ソロ名義としては2012年発表の『オリジャニア』以来、7年振りとなるカルロス・アギーレのフル・アルバムが待望のリリース!

RCIP-0288

Print

bar buenos aires – Primavera

世界の繊細な音楽を紹介するbar buenos airesのコンピ・シリーズ。2年振りの通算第7作目は、巡りゆく季節をテーマに新たなる章へと入ります。

RCIP-0286

RCIP-0285_sleeve

Quique Sinesi
“Live in Tokyo – Pequenos mensajes sonoros Tour”

静寂までが美しい名演。キケ・シネシが「人生最高のソロ・ツアーだった」と振り返ったツアーの最終公演を、最高の音質で。

RCIP-0285