カルロス・アギーレが2006年に発表し、現在は入手困難なソロ・ピアノ作品が遂に国内盤化。定番曲、人気曲を多く収録した名盤です。鍵盤から広がる豊潤なイメージ、美しく静けさに包まれた情景、思い出……優しく穏やか、そして時に叙情的な旋律と、深い余韻に心を打たれます。
 
生命の躍動、雄大な自然の風景、子供の頃の記憶などを投影した名曲の数々。「Pampa」「Un pueblo de paso」「Milonga gris」「Cancion de cuna costera」など定番/人気曲を数多く収録しながら、アルゼンチン本国での生産事情により入手困難だった人気作が、遂に国内盤リリースです。

 

カルロス・アギーレ・グルーポ名義での3枚の名作『クレーマ』(00年)、『ロホ』(04年)、『ヴィオレータ』(08年)、ソロ名義の『オリジャニア』(12年)、そしてカルロス・アギーレ・トリオ名義の『カルマ』(17年)と、寡作ながらアルバムごとに新たな音楽的境地を切り拓いていくカルロス・アギーレ。彼のアルバムで唯一日本盤でリリースされていなかった2006年発表のピアノ・ソロ作品『カミーノス』が国内盤化。本国アルゼンチン盤も長らく入手困難だったため、まさに待望のリリースです。
 
2011年の初来日ツアーで必ず1曲目に演奏していた(=つまり、カルロスが日本で最初に演奏した)曲として多くの人々の記憶に残る「Pampa」①で幕を開け、静寂に包まれた「Um pueblo de paso」②(アルバム『ロホ』収録曲をピアノ・ソロで再演)では素朴なメロディーが郷愁を誘い、「Romanza」③は生命力に溢れたタッチとロマンティックなフレージングが胸を打ちます。モダンなハーモニーとフォルクローレのリズムの融合をピアノのみで表現したような佳曲が並ぶ中盤を経て、②に通じる素朴で感動的な小品「Mai」⑨、アルゼンチンのサンバ(Zamba)の名曲をアギーレ流に解釈した「Zamba para no morir⑪、そして来日公演での圧倒的な演奏が大きな喝采を浴びた「Milonga gris」⑫は、タチアナ・パーハ&アンドレス・ベエウサエルトによるカヴァーでも知られます。アルバムの最後は、雄大なパラナー河の水面に映る夕焼けの揺らめきのような、心安らぐララバイ「Canción de cuna costera」⑬が、まるで映画のエンドロールのように感動の余韻を残します。
 
序文:吉本宏 / 解説:山本勇樹
 
 
<収録曲>
01. Pampa (Carlos Aguirre)
02. Un pueblo de paso (Carlos Aguirre)
03. Romanza (Carlos Aguirre)
04. Rafaga (Carlos Aguirre)
05. Vuls a Lais (Carlos Aguirre)
06. El barrio, el candombe (Carlos Aguirre)
07. Gallo (Carlos Aguirre)
08. Pal Turco Deb (Remo Pignoni)
09. Mai (Luis Barbiero)
10. Llovizna (Gari Di Pierto)
11. Zamba para no morir (H.Lima Quintana – Ambros y Rosales)
12. Milonga gris (Carlos Aguirre)
13. Cancion de cuna costera (Linares Cardoso)
 
 
 

Carlos Aguirre “Pampa”


 

Carlos Aguirre “Un pueblo de paso”


 

Carlos Aguirre “Milonga gris”