GIARDINI DI MIRO / DIVIDING OPINIONS

tsip-2018

Thomason sounds
TSIP-2018
CD

2,286円+税




イタリアの至宝Giardini di Miroの最新アルバムはシューゲイザー、エレクトロニカ、ポストロックをバランスよく配合させた上質のモダンロック。2006年の夏に2nd RecからリリースされたE.P. 『North Atlantic Treaty Of Love』でHood, The Boats,Alias, ApparatがRemixで参加するなどエレクトロニカ、ヒップホップの第一線で活躍するアーティストと交わることで彼らの音楽性がより広がりをみせた。その直後、一連の音の変化に呼応するようにバンドの中心人物であるヌッチーニのソロアルバム『Matters of Love and Death』がリリースされる。幅広いジャンルのファンから賞賛された作品は「アンチコンからリリースされていない、今年ベストの”アンチコン”レコード」とプレスに大絶賛されるほどの傑作。いまや全世界から最も注目されるプロデューサになったヌッチーニが指揮をとった今作『Dividing Opinions』はまさにポストロックシーンを進展させた前作『Punk…Not Diet!』同様彼らのサウンドを限られたジャンルに断定してしまうにはあまりにも乱暴なイマジネーションだと言わざる終えないスペクタクルな作品。インディーズの雄Piano MagicのGlen Johnson, エレクトロニカ界からApparat, Hip HOPからはCyneが参加し美しく叙情的なヴォーカルとギター、エレクトロニクスのダイナミックなリズムが融合させています。
地中海のメランコリーが育んだ情熱と感情が彼らをヨーロッパを代表するロックバンドへと押し上げる!

01. dividing opinions
02. cold perfection
03. embers
04. july’s stripes
05. spectral woman
06. broken by
07. clairvoyance
08. self help
09. petit treason