Eryck Abecassis – Ilumen


きょうRECORDS
KYOU-103
国内盤CD

2,300円+税

Eryck Abecassis はフランスを拠点に活動する音楽家である。1956 年生まれの彼は、すでに30 年近いキャリアの持ち主。その活動領域は広く、実験的な電子音楽/音響を生み出すサウンド・アーティストであり、オーケストラ・室内楽などの伝統的音楽語法を駆使し、映画、TV、舞台、ドキュメンタリーなどのスコアを担当する優秀な作曲家でもある。アーバンインスタレーションのための音楽なども手掛けており、社会に作用する音楽を生み出している芸術家といえよう。フランス政府からカナダ、ラジオ・フランス、INA-GRM などから委嘱されており、作品は国際音楽祭でも上演された。一方、彼はノイズ・ベーシスト Kasper T Toeplitz 率いるKernel やSleaze Art の一員として活動するなどノイズ・アーティスト/電子音響作家としても知られている。本作は、ベルギーの〈Entr’acte〉から2015 年にリリースしたソロ・アルバムで、モジュラー・シンセを中心に、コンピューター、ベース・ギターなどを駆使しノイズのアクション・ペインティングのような音響空間を生成。(デンシノオト)

 
Track list :
1.Ark
2. (No HumXn) Cry for Help
3. La Griffe du Chien
4. Ilumen
5. Ilu Who Men
6. La Née
7. Partout, Zéro, Nulle Part