“ジャズバンドnativeのサックス奏者 中村智由の新ユニット trio de monochrome、1stアルバム「残像 -après l’image-」

一聴するとドラムレストリオの落ち着いたサウンドが耳に入ってくるが、さすがクラブジャズを通過した中村らしく、電子音も心地よく取り入れている。アルバムを一枚じっくり聴き込むと初期のnativeを彷彿させるクールな次世代ジャズの雰囲気に包まれる。trio de monochromeという名の通り、色の少ない静かな場所でゆったりと聴きたい丁寧な音の集まった作品。 -岸川マサトシ (le Jazz modal)-”
 
“残像 -après l’image- / trio de monochrome
ジャズバンドnativeのサックス奏者
中村智由による新ユニットの1stアルバム
メンバーは、中村に加え
自身のバンド“クインクランツ”でも活躍中の注目の若手ジャズギターリスト伊藤寛哲
ストレートジャズを中心に数多くのセッションを経験、安定のベーシスト谷井直人
 
これまでの中村のプロデュースしてきたクラブジャズ作品から心機一転
サックス、ギター、ベースのシンプルでオーガニックなジャズトリオの演奏と、ほのかに感じる電子音の粒子感漂う打ち込みトラックによるエレクトロの融合
一貫してミニマムな音像を保ちつつも
風雅優美チルでノスタルジーな世界から奇数拍子のコンテンポラリーな楽曲まで
多彩なサウンドスケープを展開している
 
ジャズというジャンルを超えて
全ての音楽ファンに贈るクールでスタイリッシュな新感覚のアルバム作品”

 

収録曲
1 残像 -après l’image-
2 nostalgia’08
3 minimal quest
4 hope
5 nght cruise
6 イツカノ灯火
7 tamayura 〜玉響〜
8 gentle silence
9 pupil
10 monochrome