光と波がただそこにあり、戯れ、泳ぎ、会話し、理解を深め、そして明日に消えていく、、、
澄みきったアンビエントの世界『Visible Cloaks』

 

  ”ニューエイジ”の再興で新しい電子音楽とアンビエント観がうまれ、新旧の交流が深まっていくなか、ニューヨークのRVNGが送り出すのは、ポートランドの2人組Visible Cloaks。
2014年のデビュー作ではコンピューターとシンセサイザーがオーガニックに草原を駆け回り、おもちゃのような愛くるしい空気をもち、熱心な愛好家のあいだで話題となった。
今作は更にその延長にあり、より瑞々しいアンビエントの泉をつくっている。
 
 ゲストの顔ぶれも注目のポイントで、Dominoから発表した1stアルバムが各所で絶賛爆発中、Co Laのサウンドプロダクションをつくる裏方プロデューサーの面もあるMotion Graphixや、Golden Retriever (Thrill Jockey) としての活動がめざましいシンセシストMatt Carlson、シングル『On Retinae』がMusic From Memoryから再発され、ニューエイジ、バレアリック、アンビエントな耳から世界的な再評価がおこったdip in the poolのボーカル、甲田益也子が参加 (!)という、名前におもわず乱舞したくなる人たちばかり。
 
 dip in the poolの名前がでてきた通り、Spencerは大の日本の電子音楽好きである過去には80年代しばりのミックスも披露していて、本作にもその年代特有のやわらかな音色が現れている。アートワークは注目があつまるBrenna Murphyが担当し、鉄筋状にひろがる電子の虹が、この音のやわらかさをいっそう特別なものにした。すべての要素がいま現在あるべきところに現れ、混ざり合った、珠玉のアンビエント盤である。

 

 

【Track listing】
01. Screen
02. Valve (Ft. Miyako Koda)
03. Bloodstream
04. Terrazzo (Ft. Motion Graphics)
05. Wintergreen
06. Circle
07. Mask
08. Mimesis
09. Skyscraper
10. Neume (Ft. Matt Carlson)
11. Place
12. Visible Cloaks & dip in the pool – Valve (Revisited) (CD Bonus Track)
13. Imprint (CD Bonus Track)
14. Moon (CD Bonus Track)
15. Cave (CD Bonus Track)
 
 

 

 
 

 
 
Interactive digital environment by Brenna Murphy
このソフトウエアでValveの世界を体験しましょう
 
 
【Fairlights, Mallets and Bamboo】
1980年〜1986年の日本のアンビエント / 電子音楽で制作したミックス