ひそひそ話のような、ピアニストとピアノの親密な対話
2016年のソロ・ピアノの名作が待望の再発

フランスのピアニスト、ジュリアン・マルシャル。スウェーデン発ポスト・クラシカル専門レーベル1631 Recordingsから2016年にリリースされた2ndアルバム『Insight II』がリマスターされ、待望の再発。
 
2015年リリースの1stアルバム『Insight』につづくシリーズ第2弾『Insight II』。ザウターの名品アップライト・ピアノと静かに対話するようにして録音された本作は、ピアニストの語りかけに反応するピアノという生き物を注意深く捉えようと試みていみます。ペダルが軋む音までを音響的装飾として使い、ピアノがもつ機微に光を当てるために特に録音にはこだわりました。
 
ダンパー・ペダルを多用した、穏やかさのなかに気品を感じさせるメロディーと繊細なタッチは、ゴールドムンドの『Corduroy Road』とニルス・フラームの『Wintermusik』というふたつの名作のように、奥ゆかしくも慎み深いソロ・ピアノ作品です。「物事の本質を見抜くこと」というタイトルのとおり、心の内面をスケッチしたインティメートな美は、風薫る季節が永遠につづくようでもあります。
 
Alexandr Vataginによるリマスタリング。新装アートワーク。
 
 

 

Tracklist
1. Insight XIV
2. Insight XV
3. Insight XVI
4. Insight XVII
5. Insight XVIII
6. Insight XIX
7. Insight XX
8. Insight XXI
9. Insight XXII
10. Insight XXIII