ワールドスタンダードが、10年ぶり12枚目となるオリジナル・フル・アルバム『色彩音楽』をリリース。
デビュー35周年を迎えた鈴木惣一朗の集大成となる、初のボーカル・アルバム!
 
 
「ぼくたちは色彩の世界に生きている。 ぼくたちは色彩の音に包まれている。」
(鈴木惣一朗)
 

ワールドスタンダード/モンド・ミュージック/ソギー・チェリオス……
デビュー35周年を迎えた鈴木惣一朗、初のヴォーカル・アルバム『色彩音楽』が完成。
 
それは、2020年、静寂と距離の世界にあった音楽家の記録。
前年秋から制作をスタートしていたものの、新型コロナウィルス感染拡大でもたらされた世界の変化と向き合い、物事を見つめ直していく中で彼がたどりついたのは、「自ら歌を歌おう」ということ。それは、これまでインストゥルメンタル作品を作り続けてきた音楽家にとっては、大きな変化であるとともに、自らの音楽に新しい世界への希望を込める作業でもありました。
 
35年の活動のなかで、アシッド&トラディショナル・フォーク、南米音楽、トーチ・ソング、ミニマル、サイケデリア、室内楽、民族音楽まで、たくさんの水脈から吸収したワールドスタンダードという樹木が、2019年から2020年へ、いくつかの季節と世界の変容をへて実らせた音楽。
 
 
イラストブック型パッケージのアートワークは全て、気鋭のイラストレイター/グラフィック・デザイナー横山雄によるもの。40ページに及ぶ冊子は、アルバムの楽曲にインスパイアされた描きおろしイラスト、鈴木惣一朗によるエッセイや各曲コメントなどを収録。デザインの細部にまで創意工夫をこらし、紙の質感にもこだわりました。
 
 
できればひとりきりの時に手にとり、聴いて、見て、読んでほしい、あなただけの風景、あなただけの世界、あなただけの音楽。
 
 
―――――――――――
 
 

<鈴木惣一朗・アルバムに寄せて>

「このアルバムは、2019年の秋から2020年の秋に向けて、目黒のあるスタジオが空いている時間に、ぽつりぽつりと、音楽仲間たちと共に作られた。制作当初は、柔らかい気持ちだったけれど、月日が経つと共に、それは、ささくれていった。
今まで経験したことのない閉塞感が世の中を包み込み、街を歩く人々の口元は、布で閉ざされ、噛み締められた。だから、ぼくはギターを手にしたし、次々と歌を作った。音楽のことだけを、考えていたかった。
 
目指す音楽は、すべてを削ぎ落とした、真っ白なキャンバスのような世界。そしてアルバムは、誰にも聴かせたくないくらい、ぼくは何度も何度も聴いてしまった。だから、もう聴くことはないだろう。つまり、このアルバムは<あなただけのものだ>ということ。
 
朝焼けや、夕焼け、真夜中に聴いて欲しい。ぼくがそうしたように、ひとりで、ひとりきりで聴いて欲しい。そして、こんな風に思う。それぞれのこころに、この音楽は何色に聴こえるだろうか、と。
赤、青、黄色、緑、灰色、黒、白‥聴くたびに、その色は変わるはずだ。それが『色彩音楽』の世界なんです。お楽しみください。」
 
 
―――――――――――
 
 
<収録曲>
 01 物語の扉
 02 世界の標準
 03 月は甘く苦く
 04 ルミア
 05 ア・ローズ・イズ・ア・ローズ・イズ・ア・ローズ
 06 色彩音楽
 07 夢の月影
 08 ラツィオの花
 09 ステラ
 10 最果て
 11 遠い声 遠い部屋
 
 
 プロデュース – 鈴木惣一朗
 エンジニアリング – 原真人
 録音スタジオ – 目黒倉庫
 録音期間 – 2019年の秋から2020年の秋まで
 作詞・作曲 – 鈴木惣一朗
 06 作曲 – 鈴木惣一朗&武田吉晴
 09 作詞 – 細野晴臣 / 作曲 – スケッチショウ