シーゲイザー/ドリームポップを奏でるウェスタン・ガール
前作がMazzy StarやSlowdiveと比較され各メディアで賞賛されたホーリー・モータースの新作が完成!

デビューアルバム『Slow Sundown』が各メディアで賞賛され、エストニアから一躍シューゲイザー/ドリームポップの期待のバンドとなったホーリー・モータースの新作が完成。彼らの音楽のDNAであるアメリカーナやロカビリーの要素をちりばめた独特のポップセンスと、モデルとしても活躍するボーカリストでありフロントマンのエリアン・トゥルヴェによるスローで憂鬱げなボーカルがバンドのサウンドをより深い谷へ誘います。アルバムの冒頭から、メジャーキーとクラシックなリズム&ブルースのギターラインを持つ”Country Church”や、バディ・ホリーの45回転の楽曲を33回転で演奏したような”Midnight Cowboy”など、元ソビエト出身のカウボーイのバンドを想像させるという不可思議な課題を見事クリア。他に類を見ない彼女達独自の世界観と感性が開花した作品と言えるでしょう。

 

Tracklist
1.Country Church
2.Endless Night
3.Midnight Cowboy
4.Road Stars
5.Matador
6.Come On, Slowly
7.Trouble
8.Life Valley (So Many Miles Away)