ペトロス・クランパニス、満を持してリリースする初のラージ・アンサンブル・アルバム。

 

シャイ・マエストロ、小川慶太(J-Squad, Snarky Puppy etc.)らを迎え美しい色鮮やかな地中海の風景を描くようなギリシャ/バルカン半島の伝統音楽とモダン・ジャズが共鳴した秀作。
 
シャイ・マエストロやアントニオ・サンチェス、アリ・ホーニグ、グレッグ・オスビーなどと共演するギリシャ人ベース奏者、ペトロス・クランパニスのサード・アルバム。セカンド・アルバム『Miner Dispute』は2015年の注目作品と評価され注目を集め満を持してリリースする作品。ギリシャ語で”色”を意味するCHROMAと題された今作は、グラミー賞ノミネートの常連となり急成長するアメリカの注目レーベルMotéma Musicとの契約を獲得しし期待が高まる作品となりました。小川慶太(J-Squad、Snarky Puppy、Banda Magda etc)、シャイ・マエストロやギラッド・ヘクセルマン、ジョン・ハドフィールドというニューヨークで活躍するミュージシャンとのジャズ・クインテット編成のコアバンドにクラシカルにアレンジされた弦楽オーケストラを融合し現代のジャズに新たな息吹をもたらす注目作。

【トラックリスト】
01. Chroma
02. Touch Decisions
03. Little Blue Sun
04. Cosmic Patience
05. Cosmic Patience (Intro)
06. Shadows
07. Shades of Magenta
 

【MUSIC】

Petros Klampanis – CHROMA (ALBUM Teaser)
 
【パーソネル】
Petros Klampanis (Upright Bass, Voice)
Gilad Hekselman (Guitar)
Shai Maestro (Piano)
John Hadfield (Drums, Percussion)
Keita Ogawa (Percussion)
Gokce Erem, Megan Gould, Eylem Basaldi, Migen Selmani (Violin)
Carrie Frey, Peter Kiral (Viola)
Colin Stokes, Sam Quiggins (Cello)