sylvain chauveau / the black book of capitalism

booklet_outer_outlines

type
type025
CD

1,980円+税




先日、初の来日を果たしたフランスの人気作曲家、sylvain chauveau。彼が2000年にDSAからリリースした記念すべき1stアルバムは、レーベルの倒産によって長らく廃盤になっていましたが、この度め でたくtypeからリイシューされることとなりました。オリジナルではフランス語のアルバム・タイトル(『Le Livre Noir Du Capitalisme』)でしたが、今回、英語に直され、アートワークも一新。さらにベルリンの名門、Dubplates and Masteringでリマスタリングされました。マイケル・ナイマンのようなエモーショナルな弦楽協奏曲から、サティのようなシンプルながらも味わい深い ピアノ曲まで、デビュー作ゆえの多様さがかえって魅力的でもあります。「JLG」というタイトルの曲が収録されているように、このアルバムは、まるでゴ ダールの映画のように美しく、独特の空気感を持っています。

http://www.myspace.com/atkinsonchauveau