Phil Julian – RELAY


きょうRECORDS
KYOU-105
国内盤CD

2,300円+税

Phil Julian は1973年生まれ、ロンドン在住の作曲家/サウンド・アーティスト、マスタリング・エンジニアである(Cheapmachines 名義、即興グループThe Seen のメンバーとしても知られる)。活動開始は1990年後半。モジュラーシンセサイザー、コンタクトマイク、ガジェット、コンピューターなどを用いて独自の音響作品を作曲している。本作『Relay』は、電子音と換気システムの音などを徹底的にエディットすることで作曲・構築された電子音響作品。リリースはベルギーを拠点とする最先端実験音楽レーベル〈Entr’acte〉。録音・制作は2012 年から2014 年にかけて行われ、2015年に、ロンドンGoldsmiths University においてSandra KazlauskaiteとTom Mudd らが主催したイベントで、マルチ・チャンネル・ヴァージョンが発表された。
本アルバムは、『Relay』のステレオ・ヴァージョンである。ミュージック・コンクレート以降の技法・手法・方法論を継承・活用しつつ、意図/偶然の境界線を越えた強烈かつ繊細なノイズが生成・炸裂している。 
- デンシノオト