Mika Vainio + Ryoji Ikeda + Alva Noto – Live 2002


NOTON
AMIP-0122
国内流通盤CD

2,800円+税

 
Alva Noto、池田亮司、ミカ・ヴァイニオ。世界の電子音響~エクスペリメンタル・シーンに多大な影響を及ぼす巨星3人による2002年のコラボレーション・ライブが初音源化!

ドイツ電子音響レーベルRaster-Notonが2017年にByetone主催【Raster】とAlva Noto主催【Noton】に再解体された後、【Noton】レーベルがついに再始動 !

再始動第1弾リリースとなる本作は、2002年9月23日にイギリス・ニューキャッスルのバルティック・センター・フォー・コンテンポラリー・アーツで行われた、アルヴァ・ノト、池田亮司、そして故ミカ・ヴァイニオの3人による素晴らしいパフォーマンスをキャプチャーしたライブレコーディング作品。ドイツ、日本、フィンランドの電子音響~エクスペリメンタル・シーンを代表する3人が共演した最初で最後のコンサートとなったこの録音は、2017年4月に53歳の若さで惜しくも他界したPan Sonicのメンバーでもあるヴァイニオへの追悼盤としてリリースされる。

「ミカは友人やコラボレーターとしてだけではなく、アーティストとしても私の作品にとってのインスピレーションでした。このリリースは我々の作品への彼の貢献を称えるものです。」とアルヴァ・ノトことカールステン・ニコライは語る。

電気や静電気、機械のハムを彷彿させるエレクトリックでインダストリアルな音の要素は、芸術的で繊細なテクニックを持った熟練の匠たちの手によりエレガントに支配され、深みのある超低音ベース、高圧で無機質なアンビエンス、なめらかで空間性のあるサウンドデザイン、機械のように反復を繰り返すリズムへと構築され、3人の個性と特徴が驚くほどに素晴らしいバランスで融合されたミニマルかつパワフルなパフォーマンスが展開される。45分に渡るパフォーマンスの幕を閉じる圧倒的なインダストリアル・ノイズの壁は聴くものに高揚感と強烈な余韻を与えるだろう。

 

 
【2018/01/28発売】