Karen Dalton – It’s So Hard To Tell Who’s Going To Love You The Best


Megaphone
CDMEGA10
CD+DVD

1,980円+税

 
 フレッド・ニールによって見いだされ、ボブ・ディランに「僕のファイヴァリット・シンガー」と言わしめた1960年代のNYグリニッチ・ヴィレッジで起きたフォーク・リヴァイヴァルシーンの女王、カレン・ダルトンの1stアルバムが2016年再プレス!

 オリジナルは69年にキャピトル・レコーズからリリースされ、その後96年にKoch Records、06年にMegaphoneと幾度も再発されている、ニック・ヴェネットによるプロデュースの腐朽の名盤。

 「12弦ギターを抱えたビリー・ホリデー」と称されるハスキーで枯れた味わいが独特の歌声と、12弦ギターやバンジョーの弾き語りとシンプルなバックが彩りを添えるサウンドで、フォーク〜ブルースからアシッド・フォークファンまでを魅了し続ける永遠のクラシック。フレッド・ニールやティム・ハーディンのカバーも収録。

 付属のDVDには69年と70年にNY(白黒)やコロラド(カラー)で撮影された演奏風景も含む映像が4曲収録。DVDはNTSC / リージョン0なので、日本国内のプレーヤーでも再生可能。