JFDR – Brazil

Yacca / p*dis
AMIP-0103
国内流通盤CD

2,200円+税

 
あのビョークも絶賛する大注目のアイスランドの若き才能!!
Pascal Pinon、Samaris、Ganglyで活躍する
女性ソングライターJFDR(ジェイエフディーアール)のソロデビューアルバム!

 

Pascal Pinon、Samaris、Ganglyなど様々なユニットで活躍する多作なアイスランドの若き女性ソングライター/マルチ奏者Jófríður Ákadóttir(ヨフリヅル・アウカドッティル)が、JFDR名義で初のソロアルバムを自主レーベルWhite Sun Recordsよりリリース!

ローリー・アンダーソン、ルー・リード、トム・ウェイツ、ヨーコ・オノらとコラボレーションしてきた伝説のマルチ奏者で名プロデューサーのShahzad Ismaily(シャザード・イズマイリー)を共同プロデューサーに迎え、NYでレコーディングされた本作。物悲しげなカシオトーンや繊細なピアノ、反復するギター、細かな技が光るパーカッションで織り上げられた柔らかでミニマルなサウンドスケープと、荒々しい海から穏やかな水面へと形を変えるような流動性のあるJFDRの歌声が融合した、Pascal Pinonのフォーキーさと、Samarisのエレクトロニック・ポップ感の両方を内包しながらもエモーショナルさが溢れるすばらしいポップ作品。

アイスランドを代表する女性アーティストのビョークは、英The GuardianでJFDRをインスピレーションの一つに選んでいる。「私は数年前に彼女のバンドSamarisに夢中になった。だから彼女のソロ活動を見るのはとても素晴らしことだったわ。」
(ビョーク)

アルバム収録曲の”Airborne”にはLiturgy / ZsのドラマーGreg Foxが参加。
「”Airborne”はシャザードと私がNYで録音した最初の曲のうちのひとつ。ある日の午後、私はこれまでにドラマーと一緒に演奏がしたことがないことを告白したの。そしたらShahzadはすぐに彼の友達でLiturgyのドラマーGred Foxを呼び出した。約1時間くらい、悲しげなカシオトーンの音と、まるで何かが唸る音のようなGregとても早いドラミングの強烈なセッションを行なった。そして、Gregに私たちがその日の早い時間に録音していたトラック’Airborne’で同じように叩いてもらったの。半分くらいしか出来ていなかったその曲を、10分くらいでGregは完璧にしたのよ。最終的にシャザードがプログラミング半分、生のドラムを半分、注意深くでもナチュラルに縫い合わせて、私の繊細なピアノの別れのバラードと融合させた。後に、De La SoulのMaseoがスタジオに寄った時にこのトラックを聞いてくれて「これはDopeだ」と褒めてくれたの。」(JFDR)

 

◆国内流通盤のみボーナス・トラック1曲のDLクーポン付
 
【トラックリスト】
1. White Sun
2. Anew
3. Instant Patience
4. Wires
5. Higher State
6. Anything Goes
7. Airborne
8. Destiny’s Upon Us
9. Journey