Jex Opolis – Ravines

Inpartmaint Inc.
IPM-8076
国内盤CD

2,300円+税

 
 
ブギー、ディスコ、シンセポップ、ハウス、ラテン…体の芯まで日光浴な、バレアリックの水平線から昇る傑作『Ravines』
ボーナスを追加して国内独自でCD化!

 
Dâm-Funkにはじまり、Andras FoxやMoon B、SASAC、XL MiddletonにBenedekなどなど、電子音から都市や感情の躍動を生むダンス & ファンクのプロデューサーは数いれど、この人もまた素晴らしい表現力をもつカナダ出身のJex Opolis。2013年にデビューして以降、自身のレーベルGood Timin’から数々の12″を発表し、少数のプレスと内容の良さから軒並み即完を繰り返してきた世に出るべきヒーロー。初のアルバムとなる『Ravines』がこのたびCDになりました!

4つ打つハウスの推進力に、メランコリックでいて懐かしさあるメロディを乗せ、イタロディスコのピアノやカナダのコズミックなディスコの色もふんだんに、屈強なファンク男の胸をも砕いてしまう豊かなシンセ力が魅力のJex。そんなこれまでのハウス路線から、よりメロディや往年のポップなフレーズに目をあて、子供が森の中を切り開いていくように、自身の技術に新しい風を通しながらこのアルバムは生まれました。『Ravines』とはそんなJexが幼少期に探検したトロントの森林のこと。

太いベース、軽やかな足どりと浮遊のプログラミングが架空の街へ連れていくWild Conceitsで幕を開け、つづくJex真骨頂のギターによる哀愁フレーズがたまらないLa Bellaca、コーラスとパーカッションの熱い夜First Stompに、これがシンセブギーな舞いのCave Dancer、降り積もっていくデジタルの粒がうつくしいAprès-MIDIから、それが最後は雪景色となるSnow On Tompkinsまで、どこかの場面を思い出さずにはいられない描写と、バリエーション豊富な展開が熱い。

ボーナスとして、アルバム屈指のキラー曲First Stompのリミックス x2 (今後Good Timin’から12″としてもリリース) + これまでの12″からJex選曲によるRavinesなB面曲 x3の計5曲を追加収録。コアなDJを唸らせるCDとして、またシンセポップ好きのJex導入盤としても大充実の国内盤化です。

 
 
【トラックリスト】
01. Wild Conceits
02. La Bellaca
03. Ravines
04. Wake Up
05. First Stomp
06. Cave Dancer
07. Mt. Belzoni
08. Après-MIDI
09. Snow On Tompkins
10. That’s My Beach
11. Birds & Morning Rain
12. Senses
13. First Stomp (NYC Mix)
14. First Stomp (Vocal Up Mix)

* 01 – 09 from Ravines (2017)
* 10 from Circle Of Drums (2015)
* 11 from Zither (2013)
* 12 from Sharing (2013)
* 13 – 14 from GDTIMIN010 (2017)

 
 
【 Jex Opolis 】
カナダ出身のプロデューサー、DJ。バレアリックな開放のメロディ、太いベースをともなうブギー、ハウスとシンセポップの瑞々しい合わせ技が特徴。
初リリースは2013年のことで、自身のレーベルGood Timin’を中心にこれまで6枚の12″を発表。名門レーベルPPUが流通を手伝うそのヴァイナルは、いつも早い段階で完売してしまう。2017年の『Ravines』が初のフルアルバムである。
音楽のキャリアは2003年結成したバンド、DVASからと長く、当時から現在までそのディスコ愛は変わらない。
またジャーナリストとしての活動が10年以上におよび、The Daily News EgyptからWax Poeticsまでその幅は多岐にわたる。