EcoLibra / turing test

shrine.jp
SRCD009
CD

2,000円+税




「MTR による白昼夢的楽曲と音採取からアナログ編集して生み出される独自の音響のコントラスト。」

京都在住で初期シュラインドットジェイピー時代から在籍する実力派アーティスト。アンビエント色が強く、Greg Davis やデンマークのManual に通じるような情緒、温かみを感じさせる。いわゆるエレクトロニカナイズされた電子音楽作品ではなく、ポストロック以降の「直感的編集」の精神を継承したような音響作品に仕上がっている。マルチトラック・レコーダーを用いたり、サウンド・コラージュ的な手法を展開するなどの、アナログなセンスから生み出される音は荒削りな魅力と繊細さを兼ね備える。収録楽曲の“次関数” では、数学の講義の音声を変調させた音源をベースに楽曲を組み立てるようなユニークな遊び心も取り入れている。 プラスティックトレイジュエルの多面ジャケット仕様。京都在住のアーティスト、有瀬龍介によるイラストレーションをアートワークに起用。