花園distance – 八

Cat&Bonito
CB-011
国内盤CD

1,800円+税

 
東京で活動するアヴァンギャルドでポップな3ピースのインストバンドが放つセカンドアルバム。テクニカルなピアノサウンド、サイケデリックなベースライン、トリッキーなドラミングが奏でるアンサンブルは、ミニマルジャズっぽくもあれば、ノイジーヒップホップも彷彿させたりと、とらえどころなく変幻自在。

そして、その摩訶不思議な音の渦に一貫しているものは、謎の祝祭感を醸し出す意外にも親しみやすい独特のユーモア精神。何処へ向かうのか予測不能な進化をし続ける奔放なバンドアンサンブル、こんな音を出せるバンドは稀少です!

昨年ファーストアルバムをリリースして話題を呼び、先ごろ台湾ツアーを敢行して現地で大好評を博してきた花園distanceのセカンドアルバムです。今作は、これまでライブで披露してきた主要楽曲を練り直し、改めてスタジオでコンパクトにまとめあげた作品になっております。さまざまなジャンルの音楽要素を独自に消化し調合していくセンスと、随所に顔を出すトリッキーなプレイを可能にしている卓抜したテクニックが、「24歳女子3人」の感性で一つの世界を描いています。他に類似するサウンドを見出せないオリジナリティが魅力です。レコーディング+ミキシングを南雲京太、マスタリングを照井淳政(ハイスイノナサ)に委ねて出来上がった秀作です。